「お金持ち」の定義って?~富裕層の習慣から学ぶ、お金に好かれるチカラ~

最近、「年収1000万円あっても、生活は決してラクではない」という言葉をよく耳にするようになりました。これは、累進課税によって、所得税などの税率が高くなることや、所得制限のある様々な支援金などの給付対象からはずれてしまうことなども大きな要因と思われます。

気前よくお金を払ってくれる人や、高価そうな物を身に着けている人、豪華な家に住んでいる人など、日頃からなんとなく家計に余裕がありそうな人のことを「お金持ち」と表現することが多いかもしれませんね。じゃあ、そもそも具体的にいくらぐらいの金額を稼ぎ、どのぐらいの資産を保有していたら「お金持ち」になるのか、ちょっと疑問に思いませんか?

続きを読む

そこで、今回は「お金持ち」の定義について考えてみたいと思います。

「お金持ち」を定義してみると…

「お金持ち」の資産額や収入額がどれくらいなのかを具体的に定義するものはありません。しかし、似た言葉で「富裕層」を定義している研究資料は存在します。

それが、2018年12月に野村総業研究所(NRI)が公表した『野村総合研究所、日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計』です。こちらの資料では「富裕層」を以下のように分類しています。

  • 「超富裕層」:世帯の純金融資産保有額が5億円以上
  • 「富裕層」:世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満
  • 「準富裕層」:世帯の純金融資産保有額が5000万円以上1億円未満
  • 「アッパーマス層」:世帯の純金融資産保有額が3000万円以上5000万円未満
  • 「マス層」:世帯の純金融資産保有額が3000万円未満

ご覧のように、1億円以上の純金融資産を保有している世帯を「富裕層」、5億円以上を「超富裕層」と区分にしています。ただし、ここでの「金融資産」は預貯金・株式・債券・投資信託・一時払い生命保険・年金保険などを指しており、不動産は含みません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。