「お金持ち」の定義って?~富裕層の習慣から学ぶ、お金に好かれるチカラ~

「やりたいこと」より「やるべきこと」を基準に

富裕層の多くは、「やりたいか、やりたくないか」ではなく、「やったほうがいい」「やるべきこと」を基準に行動しているようです。例えば、ある事業計画を推し進めていているときに、「自分はそういう気分ではないけれど、もう少し事業計画を練るべき」というときは、自分の気持ちはさておいて、事業計画の練り直しを選択する、という具合です。

私たちの生活においても、「今買うべきもの」「今買わなくてもいいもの」など、家計に関して、「やったほうがいい」「やるべきこと」の取捨選択を迫られる場面が何度もあります。それを的確に判断できるようになっていくことで、貯まる体質に近づくかもしれませんね。

まとめ

ご紹介したデータからは、「富裕層」と呼ばれる人たちは実に一握りであることが分かります。地道に働いて貯めているだけでは、なかなか実現できるものではない立場であることも実感できますよね。

ただ、彼らが心がけている「お金に対する姿勢や習慣」は、意外にも、私たちでも真似できる基本的なものが多かったりします。

もちろん「実践したから、即、富裕層の仲間入り!」という簡単は話ではありません。しかし、彼らの良い習慣を取り入れ、生活を整えていくことで「お金に好かれるチカラ」が身につくかもしれませんね。

【参考】
野村総合研究所、日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計」野村総合研究所
家計調査2019年度 表8-2年間収入階級別貯蓄及び負債の1世帯当たり現在高」内閣府統計局

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。