日本人の老後資金は「要注意」水準。退職準備スコアで把握する現状

前回の記事では、若い人たちの退職準備に関して新しいゴール設定の考え方をご紹介しました。

カギは2つの特徴で、年収の倍率で最終ゴールを設定すること(退職直前年収の7倍)、そのゴールまでの途中経過目標を年齢ごとに設定すること(30歳で1倍、40歳で2倍)です。そしてゴール達成のために年収の16%を資産形成に振り向けるべきだと紹介しました。

こうした考え方は、海外のフィデリティでも共通に使われ、現地の社会保障の実情などを考慮して、それぞれの国・地域の目標を設定して消費者の皆様に提案をしています。

続きを読む

さらに2019年秋には米国、カナダ、英国、ドイツ、香港、日本と、世界的な規模でアンケート調査を行い、現状の退職準備がどれくらい進んでいるかを分析しました。国際比較をすることで、改めて日本の実情と課題、そして対策が見えてきました。

今回から複数回に渡って、アンケート結果とその分析からわかったことをご紹介していきます。

フィデリティ退職準備スコアで現状を把握

日本で行ったアンケート調査の有効回答者数は2,342人でした。その結果からアンケート回答者の退職準備の現状を下記の計算式で算出し、回答者個人個人の数値を「フィデリティ退職準備スコア」として算出しました。

フィデリティ退職準備スコアの計算式は、

として、これを0 - 150ポイントでスコア化します。ただ、細かい数値が問題ではないので、これを4つの大きなカテゴリーに分類しています。

日本の退職準備スコアは75ポイントで「要注意」水準

このスコアで、95ポイントを超えていれば「計画通り」に進んでいるというカテゴリーに分類し、65ポイント未満であれば、「警戒」水準として、退職準備を加速させるか、そうでなければ退職後の生活水準を大幅に見直さざるを得ないと警告しています。

ちなみにアンケート回答者のフィデリティ退職準備スコアの中央値は75ポイントでしたので、日本全体としては「要注意」の水準です。「警戒」水準ほどではありませんが、このままでは退職後の生活水準の見直しは不可避になりますから、退職準備の改善を図る必要があるということがわかります。

フィデリティ退職準備スコアの4分類

拡大する

出所:フィデリティ退職・投資教育研究所、Viewpoint Vol.10、フィデリティ退職準備スコア~リタイアメント・プラン実現のために何をすればいいのか~(2020年4月)

<<これまでの記事はこちらから>>

フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所 所長 野尻 哲史

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
野尻 哲史
  • 野尻 哲史
  • フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所
  • 所長

国内外の証券会社調査部を経て、2007年より現職。アンケート調査をもとに個人投資家の資産運用に関するアドバイスや、投資教育に関する行動経済学の観点からの意見を多く発表している。
日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』、『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書)や『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活』(明治書院)などがある。
調査分析などは専用のHP、資産運用NAVIを参照