コロナ禍で外食株の明暗を分けるカギとは

ガスト、サイゼリア、吉野家、松屋、すき家、マクドナルドの月次データから

Alinute Silzeviciute/Shutterstock.com

新型コロナウイルスの感染に伴って人々の外出や店舗の営業が規制される中、外食株の事業環境は悪化している。ただ、月次リリースを見ると各社で影響の度合いは大きく異なるようだ。今回は足元の売上が好調・不調な企業をいくつか紹介したうえで、何が決め手となっているのかも考察する。

コロナ禍でも"牛丼やハンバーガー"底堅い

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って不要不急の外出が抑制される中、外食産業では業績悪化の懸念が高まっている。客数の減少はもちろん、休業や営業時間の短縮に伴う機会ロスも重なり、足元の売上動向は厳しい。新型コロナウイルスの影響が大きくなった3月以降の業績動向を見ていきたい。

続きを読む

ファミリーレストラン「ガスト」などを運営するすかいらーくグループの3月以降の月次業績は、客数が大きく遠のいたことで、既存店売上高は3月が前年比24%減、4月が同58%減、5月が同48%減、6月が31%減と大幅に減った。

同じくファミレスを運営するサイゼリヤも客数の減少により、3月の既存店売上高は同22%減、4月は同61%減、5月は同52%減、6月は同37%減少した。

しかし、月次リリースを広く見てみると、必ずしも外食企業全ての業績が大きく悪化しているわけではないことに気付く。

牛めしの「松屋」を展開する松屋フーズHDの3月の既存店売上高は5%減と、ファミレスチェーンと比較すると減少幅は限定的であった。もっとも、その後同社の月次も悪化している。4月は同22%減、5月は同21%減、6月は同17%減となっており、3月当初は踏ん張っていたもののその後は厳しい状況に陥っているという格好だ。

同じく牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーHDも8%減と、減少こそしたものの、1桁台にとどまる底堅さを見せた。その後も4月は同12%減、5月は同9%減、6月は同9%減と、ファミレスと比べると軽傷ともいえる。

牛丼以外では、日本マクドナルドHDが3月は前年比ほぼ横ばい(0.1%減)、4月が同7%増、5月が15%増となった。6月は一転、同3%減となっているが、他の外食産業の落ち込みと比較すると非常に強い印象だ。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
石津大希

データ重視の金融系ライター


慶応義塾大学商学部卒業。地方銀行、大手リースといった金融機関勤務などを経て2019年に独立。アナリスト業務などを通じてファンダメンタルズ分析の経験を積む。執筆する記事は、株式投資の分野を中心に、読者の方が企業財務や金融に対する知的好奇心を満たしたり、客観的データや事実に基づく投資を身に付けられる内容を積極的に発信します。