レジ袋有料化施策に意味はある? プラごみ削減と環境意識の向上につながるのか

7月から有料化されたことで話題になっているレジ袋は、何からできているのでしょうか? レジ袋はその便利さから大量に使われていますので、皆さんご存知でしょう。そう、ポリエチレンという化学物質です。

とはいえ、レジ袋についてある程度化学的に説明できる人は、そう多くないのではないでしょうか。レジ袋に限らず、身の回りでこれだけ化学製品や化学物質が使われているのに、意外と化学的な“からくり”を知らないで使用していることが多いように思います。

続きを読む

理屈はともかく、使えればいいのかもしれません。しかし、身の回りの生活と化学が遠く離れてしまっていることは、決していいことではないと、有機合成化学を専門として大学教育に関わってきた筆者は思います。この「かい離」が、環境問題への意識が高まらないことにつながっている可能性もあります。

そこで本稿では話題のレジ袋について、その化学をできるだけやさしい言葉で説明し、少しだけ環境問題について考えてみたいと思います。

化学物質としてのポリエチレンとエチレン

ポリエチレンのポリは高分子・ポリマー(Polymer)のポリです。原料のエチレンは気体で自然界にも存在する果物などが熟す時の植物ホルモンで、輸入したばかりの青いバナナを黄色くするのに使われます。

買ってきた黄色のバナナや熟したリンゴと一緒に、新鮮な野菜や果物を冷蔵庫に入れておくと野菜の萎れが速く、硬かった果物がより速く柔らかくなります。昔、リンゴとカーネーションを混載した夜行列車が朝、東京に到着したところ、カーネーションが一晩で一斉に萎れてしまっていたことは有名な話です。これはエチレンが原因の出来事です。

このエチレン分子を、いくつもつなげた(重合)ものがポリエチレンです。常温・常圧で、ある種の触媒(化学反応を促進させるもの)を用いると、目に見えないエチレンガスが雪のように白い粉末となってパラパラと落ちてくることが発見されたのは、今から60年以上前のことです。この画期的な化学反応を見つけた2人の化学者には、1963年ノーベル化学賞が授与されました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

徳島大学名誉教授、元副学長(教育担当)・理事。元4大学で非常勤講師。元学童保育支援補助員。
現在、東京理科大学非常勤講師、たまプラーザがん哲学外来カフェ代表。
青山学院大学理工学部化学科卒業、同修士課程修了。東洋醸造(現、旭化成)研究員、東京大学研究生、東京工業大学助手(理学博士)、米国パデュー大学とカリフォルニア工科大学博士研究員を経て、広島大学助手、講師。徳島大学助教授、教授、総合科学部長、2012年3月定年退職。
専門は化学(有機合成化学)。教育、生と死、超高齢多死社会、文明の危機に関する拙文執筆と講演。著書に『定命 父の喪・母の喪―息子が遺してくれた生き直す力―』文芸社。横浜市在住。