2020年夏ボーナス。中小企業は大手企業の3分の1?!みんなの使い道は?

感染症対策で6割以上が夏レジャー「予定なし」

夏といえば、旅行やレジャーなどさまざまなイベントが目白押し。しかし新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染予防の観点から、今年はレジャーを控えようとする世帯が多いようです。

株式会社GVが2020年6月25日~7月1日にかけて全国500世帯を対象に行った「2020年 夏支出調査」によると、今年の夏レジャーの予定が「ある」と答えたのは38%、「なし」は62%と、半分以上の世帯が夏の予定を立てていない現状がみられます。さらに、「なし」と答えた人のうち、「コロナ感染症対策のため」と回答したのは285人にのぼりました。
夏のレジャー予算も、およそ7割が「0円(予定なし含む)」と回答し、平均値は1万9,570円。2019年の夏レジャーの支出平均が約8万円であったのに鑑みると、かなり低迷していることが分かります。

「今年は学校の夏休みが短いですし、補習もあるんです。田舎の祖父母に会いに行くのもリスクが高いような気がしますし、近所でちょっと外食する程度かな」(Mさん・42歳)

「コロナの影響で接客業の夫は収入が減り、ボーナスはなし。私のパート収入でなんとか家計を保っていますが、レジャーにお金をかける余裕はないですね」(Iさん・34歳)

感染予防だけではなく、自粛によって生じた経済的な打撃も夏のレジャー予定に大きな影響を与えているようです。また、子どものいる世帯では学習の遅れを夏休みでカバーすることを重視している人もいるようでした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

都内在住、元IT企業OL。育児や節約、社会問題について、共感できる情報を発信していきます。