2020年夏ボーナス。中小企業は大手企業の3分の1?!みんなの使い道は?

6月末から7月初旬にかけて、多くの企業から夏のボーナスが支給されました。今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により経済にもさまざまな影響が及び、ボーナスの支給額も減少傾向にあるようです。

そんな今年の会社員の「夏のボーナス平均額」はいくらだったのでしょうか。大手企業と中小企業に分けてみていきましょう。そして、いまだ落ち着きを見せないコロナ禍において、ボーナスをどのように使う人が多いのでしょうか。さまざまなデータをもとに、2020年夏のボーナス事情を紐解いてみました。

続きを読む

大手企業の夏ボーナス平均は92万5,947円、前年比6%減

日本経済団体連合会が6月17日に発表した「2020年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)」によると、大手企業の夏ボーナス平均は92万5,947円、前年比6%減でした。今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり、リーマンショック以来のマイナス幅であるようです。

しかも、これは恵まれた大手企業の平均金額。では、中小企業を含めた一般的な就業者のボーナス事情はどうでしょうか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

都内在住、元IT企業OL。育児や節約、社会問題について、共感できる情報を発信していきます。