「預金をするとお金がかかる!?」貯蓄上手になるための、損をしない銀行口座の使い方。

社会人であれば、ほぼ全員が銀行口座を持っているかと思います。複数持っている、という人もいらっしゃいますよね。ところで、その中に「お金を預けたままにしている」という口座はありませんか?

それ、放置しておくと、せっかく預けたお金が減っていくかもしれません…。

大切に寝かせておいた”虎の子預金”の残高が、気がつかないうちに減っていた!なんて悲しいことにならないよう、かしこい銀行口座の使い方について一緒に考えていきましょう。

続きを読む

「預けただけでお金が減る!?」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、多くの業界に影響を与えています。銀行などの金融機関も例外ではありません。

日本銀行が公表した「預金種類別店頭表示金利の平均年利率等」の最新データ(2020年7月8日掲載分)からは、定期預金の預入期間別平均年利率は全体的に低くなっていることがわかりました。約1カ月前のデータと比較しても、預入期間が短いものを中心に0.001%ほど下がっています。

そもそも、国内銀行の普通預金の平均年利率は、現在0.001%と過去最低の水準。10万円を普通預金口座に1年間預けても、たった1円しか増えないということになります。つまり、金利を当てにしてもお金は増えないということです。

さらに、ここで問題になってきたのが「口座維持手数料」です。大手国内銀行を中心に導入される可能性が出てきています。お金を貯める・増やすために銀行に預金しているのに、手数料でマイナスになってしまっては意味がないですよね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。