今日の金持ちは明日の貧乏?「お金持ちなのに残念な人」の4つの特徴

皆さんは「お金持ち」と聞くと、どんな印象を受けますか?昔から「金持ち喧嘩せず」ということわざがあるように、お金持ちの人は心が広くてゆとりのある性格をしていると考える人も少なくありません。

しかし、お金持ちの中にはことわざとは正反対で「残念だな…」と感じさせる性格の人も一定数存在しています。

今回は筆者が実際に出会った「お金持ちなのに残念な人」の特徴についてご紹介します。

「お金持ち」って、どんな人?

まず初めに、「お金持ち」とはどういう人のことをいうのでしょうか。野村総業研究所(NRI)が2018年12月に公表した「2017年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模の推計」では、資産保有額別に以下のように定義づけています。

続きを読む

拡大する

出典:NRI

「純金融資産保有額」(世帯が保有する金融資産から負債を引いた額)が5億円以上を「超富裕層」、1億円以上5億円未満を「富裕層」といい、2017年は126.7万世帯となっているようです。いわゆるお金持ちとは、この「超富裕層」「富裕層」を指していることが多いといえます。

以下では、筆者が出会ったお金持ちの中でも「残念な人」の特徴をご紹介します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

紅茶とヨガとサーフィンと読書が好きな3児の母。子ども英会話教室運営や私立幼稚園の英会話教諭として働いていた経験から、幼児教育や日本の教育体制に強い関心を持つ。長男がADHDであり、発達支援や支援教育についても精通している。今後加速するテクノロジー教育をさらに広めるため、日々発信中!
Twitter:広瀬あゆみ