「俺の”ゴミ捨て”、なぜ嫁は不機嫌?」”名もなき家事”の値段を考える

あるマンガのワンシーン(※)。妻が妊娠5か月だという男性が、愚痴交じりに話します。「最近妻の機嫌が悪い。俺だって忙しい中、ゴミ捨てとかもしているんですよ、感謝してほしい」それを聞いた主人公は、「どこからしてます?」と問いかけます。

男性の答えは、「ゴミを家からゴミ捨て場にもっていく」。すると主人公が静かに口を開きます。「ゴミ捨てというのは、ゴミ箱のごみを集めるところから、はじまるんですよ。分別をして、袋を取り換えて、生ゴミは水を切って、ついでに排水溝の掃除もして、ゴミ袋の在庫があるかをチェックして、そうやってやっとひとつにまとめるんです。そこが一番面倒なんです。それで感謝しろと言われても…」

続きを読む

ここ数年、よく耳にするようになった『名もなき家事』。多くの人にとって「家のごみを集める」は、ゴミ捨ての準備段階であり、いわゆる『名もなき家事』と認識されているようです。今回は、この『名もなき家事』問題について、お金の面から考えてみましょう。

※小学館フラワーコミックス『ミステリと言う勿れ(1巻)』p24,25田村由美

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。