「俺の”ゴミ捨て”、なぜ嫁は不機嫌?」”名もなき家事”の値段を考える

モヤモヤ消えない「家事のお値段」

こうした計算結果を聞いても腑に落ちないなぁ、と感じる人も中にはいらっしゃるでしょう。『名もなき家事』を担う人自身が、「これだけの価値のある労働をしているんだ」と自信を持つことができたとしても、周囲の反応は変わらず…ということも多いからかもしれませんね。そもそも、上記の家事のお値段は、政府が経済的指標として算出したものですから、そのまま家庭に持ち込んでも、なかなかピンとはこない、というのが正直なところなのでしょうか。

お肉を焼く前に切ったまな板。そのまな板がいつも白いのは、誰かがこまめに漂白を行っているから。毎日掃除機の吸い込みがいいのは、誰かがこまめにフィルターの掃除をしているから。家事を円滑にすすめるための様々な「前工程」がなければ、おいしい食事も快適なお部屋も実現しませんよね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。