発達障害の子にとって、今は「試練の時」その理由

〜子どもの特性を理解して温かなフォローを〜

自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などの発達障害を抱える子どもたちにとって、1年の中でも特に「試練の時」といわれている季節があります。

その季節とは「春」。新しい友人に慣れないクラス、子どもによっては環境の変化についていけず、不登校気味になってしまうケースも少なくありません。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で緊急事態宣言が発令され、多くの学校が休校となりました。緊急事態宣言の解除とともに徐々に学校が再開され、6月から通常通りの授業時間になったところも多いと思います。今、「春の試練」と向き合っている子どもたちもいるでしょう。

続きを読む

今回は、ADHDである筆者の息子が「新学期のたびに抱えてしまう問題」に着目しつつ、発達障害を抱える子どもをどのように支えていけばいいのか、発達障害児の1人の母親として、お伝えしていこうと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

紅茶とヨガとサーフィンと読書が好きな3児の母。子ども英会話教室運営や私立幼稚園の英会話教諭として働いていた経験から、幼児教育や日本の教育体制に強い関心を持つ。長男がADHDであり、発達支援や支援教育についても精通している。今後加速するテクノロジー教育をさらに広めるため、日々発信中!
Twitter:広瀬あゆみ