止まらない新型コロナ被害、第2波と政治経済的混乱の危険な連鎖

欧米や日本では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大がピークを越えたとしてロックダウン等が徐々に解除され、人々の日常が再び戻ろうとしている。しかし、世界では依然として感染拡大が収まらず、今後さらに増える地域・国もあるとされる。

世界各国で懸念される感染の再拡大

米国のジョンズ・ホプキンス大学の集計データに寄ると、世界の感染者数は900万人に迫り、犠牲者数は50万人へと近づいている。

国別では、感染者数で米国219万人、ブラジル103万人、ロシア53万人、インド40万人、英国30万人、ペルー25万人、スペイン24万、イタリア23万、チリ23万人などとなり、犠牲者数では米国12万人、ブラジルが5万人、英国4万、イタリアやフランス3万〜4万あたりとなっている。しかし、今後状況はさらに悪化する可能性もある。

続きを読む

インドでは、新型コロナウイルスの感染者が国内で38万人、犠牲者が1万人を超え、特に、6月以降ロックダウンが徐々に解除されつつある首都ニューデリーでは、ショッピングモールやレストランなどで人々が賑わい、感染者が増加している。

インド政府はニューデリーでの感染者数が7月末までに55万人にまで増加し、病床が大幅に不足し、死亡者数が増加すると試算している。インドでは感染のピークが今年11月中旬との見方もある。

イラン保健省も6月中旬、1日当たりの新型コロナウイルス感染による犠牲者数が2日連続で100人を超え、ソーシャルディスタンスなどの防止策が十分に守られないと第1波より恐ろしい第2波が到来すると警告した。イランでの感染者数も20万人を超え、ロウハニ大統領は公共の場でのマスク着用を義務づけることを検討していると明らかにしている。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

清和大学講師/ オオコシセキュリティコンサルタンツ アドバイザー、岐阜女子大学特別研究員、日本安全保障・危機管理学会主任研究員を兼務。
専門分野は国際政治学、安全保障論、国際テロリズム論。日本安全保障・危機管理学会奨励賞を受賞(2014年5月)、著書に『テロ、誘拐、脅迫 海外リスクの実態と対策』(同文館2015年7月)、『「技術」が変える戦争と平和』(芙蓉書房2018年9月)など。研究プロフィールはこちら