「年収1000万円超の女性」ってどんな人?”キャリアウーマンのお給料事情”をイメージする

婚活でパートナーに求める条件として「年収1000万円以上」を挙げる女性の話をよく耳にします。たしかに夫が1000万円も稼いでくれば、妻も子も何不自由のない生活を送ることが送ることができそうなイメージはありますよね。

実際のところ、国税庁が発表している「平成30年(2018年)度分 民間給与実態統計調査」の結果を見ると、年収1000万円以上を稼ぐことができる人というのは、給与所得者全体の5%となっています。あくまで給与として1000万円以上を得ている人を対象とした調査なので、フリーランスが多いスポーツ選手や芸能人などの大部分は含まれていないことが考えられます。とはいえ、年収1000万円以上というのは、かなり高いハードルであることがうかがえます。

続きを読む

しかし、そんな高いハードルを乗り越えて、高収入を実現している人のなかには女性もいます。そこで今回は「年収1000万円以上を実現する女性はどんな人なのか」について、各種データから迫っていきたいと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。