「最大10万円」一般教育訓練給付金で受講費用の20%が戻る!

~要件満たせば、非正規・離職中でも受給可能~

要件を満たせば、非正規・離職中でもOK

「正社員しか利用できないの?」「子育てで退職してからブランクがあるのだけど…」などと疑問に思われた人もいると思います。

雇用保険に加入して要件を満たしている場合はアルバイト・パートなどの非正規雇用でも利用できます。離職後も1年以内に受講を開始すれば利用可能。さらに離職理由が出産・育児・病気などの場合、延長手続きをすれば離職後最大20年以内は利用できます。

非正規ワーカーのスキルアップや、女性の職場復帰などを応援する制度でもありますので、ご自身の雇用保険加入歴などが要件を満たしているかどうか、確認してみることをおすすめします。

適切な制度利用のために

教育訓練給付制度の利用には、“習い事感覚”ではなく、適性や目的、学習環境などを十分考慮したうえで講座を選ぶことが肝心。厚生労働省は、教育訓練給付制度の利用を検討中の人に向けて「受講する講座を決定される前に、是非お読み下さい」と題し、利用にあたっての留意点を示しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

早稲田大学第一文学部史学科卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲の経験を積みフリーランスに。
尊敬する人物は伊能忠敬・羽生善治。