定年後のお金事情、老後の生活費はいくら必要か?

賃貸派の方は要注意!住居費用の備えは?

心配なことは、まだあります。支出の内訳欄、住居費用をご覧ください。平均の住居費用は14,693円/月となっています。少々安い感じがしませんか?

これは今の高齢者の持ち家比率が高いためです。持ち家の人は、家賃に相当する、毎月の住居費用が不要です。そのため、全体の平均費用が大きく抑えられているのです。

そうなると、「一生賃貸でいいや」と考えている人は、住居費用をもう少し多く見積もる必要があります。老後の生活費支出がその分、上昇することになり、足らない分は2,000万円では済まなくなります。

持ち家信仰に因われない今の若い方は、賃貸派の方が大勢います。一生賃貸派の人は、2,000万円とは別途、住居費用の準備が必要になりますので、住居費用の準備を考える必要があります。

下記の試算をご覧ください。「平成29年度簡易生命表」より、60歳時点での平均余命(男性23.72歳、女性28.97歳)を概ね30年とし、必要な住居費用を計算してみました。

家賃が月5万円の場合

  • 5万×12ヶ月×30年・・・1,800万円(住居費用)
  • 2,000万円+1,800万円・・・3,800万円の準備が必要

家賃が月10万円の場合

  • 10万円×12ヶ月×30年・・・3,600万円(住居費用)
  • 2,000万円+3,600万円・・・5,600万円の準備が必要

全国賃貸管理ビジネス協会の「全国家賃動向」(2020年度4月調査)によると、2人部屋の家賃の全国平均が57,866円/月となっています。その部屋に30年住むことになると、約2,083万円の費用を支払うことになります。この金額を、不足する2,000万円と合わせて用意しなければなりません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命、りそな銀行、東京スター銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。