定年後のお金事情、老後の生活費はいくら必要か?

「老後2000万円問題」とは?

昨年、「老後2,000万円問題」が大きな話題となりました。このまま年金を払い続けても、老後の生活費には2000万円足らないという騒動でした。この「2,000万円足らない」根拠は、一体どこから来ているのでしょう。

下記は総務省「家計調査年報」(2018年)の資料です。世帯主が60歳以上の無職世帯(2人以上の世帯)の1ヶ月の収入、および支出を見てみましょう。

収入 222,335円

〈内訳〉

  • 公的年金などの社会保障給付・・・188,195円
  • その他・・・34,140円

支出 269,790円

〈内訳〉

  • 食料費・・・68,646円
  • 交通・通信費・・・28,598円
  • 教養娯楽費・・・24,054円
  • 高熱・水道費・・・21,742円
  • 住居費・・・14,801円
  • 保健医療費・・・14,693円
  • 家具・家事用品費・・・9,964円
  • 被覆及び履物費・・・6,402円
  • 教育費・・・346円
  • その他・・・50,688円(うち交際費は22,451円)
  • 非消費支出(社会保険料など)・・・29,856円

収入から支出を引くと、およそ月5万円が不足します。年間で約60万円が不足し、これを老後の30年間で計算すると、約1,800万円になり、2,000万円弱のお金が足りないことになります。

これが老後2000万円問題の根拠になっているのです。

決して贅沢な暮らしではなく、過不足なく過ごしていける程度の生活レベルですが、それでも2,000万円程度足りないことになります。最低限2,000万円を貯めることを目指して、準備しておきたいところです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命、りそな銀行、東京スター銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。