定年後のお金事情、老後の生活費はいくら必要か?

特にシングルに必要な介護費用の準備

老後の生活で心配なことの一つに「介護」もあります。上述の支出の内訳には介護の費用が含まれていません。よって、介護が心配な人は住居費用と同じように準備を考えておく必要があるのです。

「おひとりさま」という言葉が生まれるほど、シングル世帯が増加しています。さらに、家族のあり方や考え方も大きく変化しています。老後に自分の世話をしてくれる人がいない場合は、介護費用を自分で用意しておく方が懸命です。

特に老人ホームへの入居費用や毎月の諸費用は、多額のお金がかかります。下記の表にて、各種老人ホームの負担費用を確認ください。

有料老人ホーム(入居金あり)の場合

  • 入居金・・・1,000万円程度
  • 月額費用・・・25万円程度
  • 費用合計(5年間)・・・2,500万円

サービス付き高齢者向け住宅(入居金あり)

  • 入居金(敷金)・・・数十万~数百万円
  • 月額費用・・・16万円程度
  • 費用合計(5年間)・・・1,000万~1,000万円強

特別養護老人ホーム

  • 入居金・・・不要
  • 月額費用・・・9~13万円程度
  • 費用合計(5年間)・・・540~780万円程度

特別養護老人ホームは値段が安いことから、特に人気です。そのため、全国で入居待ちの人が大勢おり、簡単には入所できないのが難点です。

有料老人ホームは、サービスや立地によって、価額の差が大きくなりますが、概ね高額です。中には数億円程度の費用が必要な場合もあります。

ホームに入っても、日常の費用は別途必要になります。レクリ-エーション代、理美容代、おむつ代も必要です。そうなると月3~5万円程度を更に上乗せして用意する必要があります。

すぐに入居できればよいのですが、特養のように入居待ちの場合は、自宅で介護してもらう必要があります。リフォームして介護に適した住宅にする必要もあるかもしれません。

このように、介護は予期せぬ出費が発生します。全てを万全に準備するのは難しいかもしれませんが、できる限りの準備はしておきたいものです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命、りそな銀行、東京スター銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。