お金持ちが知っている!3種類のカードの賢い使い方

ただし、クレジットカードを利用する上で気を付けたいのが分割払いやリボ払いです。カードによっては、1回払以外は高い手数料が発生します。1回払以外の選択肢は持たないことがお金持ちのクレジットカードの使い方の鉄則です。

デビットカードは負債のリスクなく、クレジット並の付帯サービスが受けられる!

クレジットカードに比べてあまり知られていないデビットカード。デビットカードとは、カード利用と同時に支払い口座から利用金額が引き落とされるカードです。クレジットカードのように後払いではないため、口座残高以上に使いすぎる心配がありません。またプリペイドカードのように、事前に入金(チャージ)する必要もありません。利用する度に支払口座の通帳に記帳されるため、支出が管理しやすいというメリットがあります。

とはいえ、まだ認知度はさほど高くなく、先程と同様の調査では、保有率が25%、利用率は12%と、クレジットカードに比べて低い水準となっています。

しかし、実は知らないだけであなたもデビットカードをすでに持っているかもしれません。

デビットカードには主に2種類あり、クレジットカードと同様にVISAやJCBなどの国際ブランドが付いたデビットカードと、J-Debit(ジェイデビット)です。

前者はクレジットカードのように専用のカードを使って支払います。VISAやJCBの加盟店で広く利用できるため、利便性が高いといえます。

そして後者は、銀行や信用金庫などの金融機関で発行されたキャッシュカードがそのまま店頭の支払いに利用できるサービスです。ゆうちょ銀行をはじめ多くの金融機関が加盟しており、J-Debitのマークがある加盟店で利用可能です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。