貯蓄初心者の「iDeCo」と「つみたてNISA」、運用商品はどう選ぶ?

近頃、ネット証券では新規口座を開設する個人が急増しているようです。2020年4月に、楽天証券は前月の新規口座開設数が16万口座超となり、2カ月連続で歴代最多数を更新したと発表しました。

また特筆すべきことは、投資初心者の口座開設が増えていることです。前述の楽天証券のプレスリリースによると、2020年3月に口座を開設した人の7割以上が投資初心者となっており、2016年に比べると初心者比率は1割以上も上昇しています。

続きを読む

なかには、税制が優遇されている「iDeCo(イデコ)」や「つみたてNISA」のような制度を利用して、資産をコツコツ増やそうと考える方もいるかもしれません。そこで本記事では、現役証券マンである筆者が投資・貯蓄初心者の方に向けて、iDeCoやつみたてNISAの運用商品の概要と選び方についてやさしく解説していきます。

運用商品は2種類

まず、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISAでは、運用商品を自分で選ばなければなりません。選択肢は大きく分けて2つあります。

1つ目は、元本確保型の運用商品です。元本確保型とは私たちが拠出したお金(元本)が確保されるタイプをいい、iDeCoの場合は定期預金がそれに当たります。なお、つみたてNISAでは元本確保型の運用商品はありません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

専門分野は金融政策分析、統計解析、富裕層向けの税制など。主に過去のデータを基にした投資戦略や業界動向の記事を執筆。
LIMOでは行動経済学をもとにした賢いお金との付き合い方を執筆中。