元信金マンがみた!お金が貯まる人の3つの特徴

例えばiDeCoやつみたてNISA、貯蓄性の生命保険等です。せっかく貯蓄するぞと奮起するのなら、貯蓄する目的といくら貯めたいかのゴールを決めてから始めることをおすすめします。

【PR】今年こそ!節税して投資をはじめよう

日本株の投資をこれからはじめようという方、また節税をしながら「つみたてNISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」で投資信託をはじめてみたいという方向けに、LIMOではお好みのタイプのネット証券を簡単に検索できる機能を無料でご紹介しています。是非、この機会にご活用下さい。

>> LIMOのネット証券比較の決定版へはこちら

その2:金融商品の利用価値を判断できる人

金融機関の人にキャンペーンの定期預金や投資信託、保険商品のパンフレットを見せられたことはありませんか。振込に来ただけなのに、この窓口の担当者はこんなものを見せてくるのか。受け取ったチラシを見もせずにゴミ箱に捨ててしまう人も多いでしょう。しかし、そのチラシは、本当にあなたにとって無駄なものでしょうか。

私が知っているお客様に、どんなチラシをお見せしても嬉しそうに読んでくれる人がいました。その人は30代の女性で、夫婦で小さな電気工事業を営んでいました。とても明るくて前向きな方で、窓口に来る時は4歳位のお子様といつも一緒でした。

そこで学資の貯蓄に使えそうな金融商品をいくつか見繕ってパンフレットをお渡ししたところ、彼女は、自分がその商品を利用したら何年でいくら貯められるかを具体的に見せてほしいと言いました。勧められた金融商品を自分のライフスタイルに一旦落とし込み、そこで自分にとって利用価値があるかを判断されていたのです。

その結果、不必要と判断したら「いらない」とはっきりと言うし、利用価値があると判断したら「詳しい話が聞きたい」と言う。金融機関が勧める商品は手数料ばかりが高くて使えないという人もいますが、その金融機関が自行のブランドを傷つけないと判断したしっかりした商品であることは確かです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。