「いきなり!ステーキ」大規模閉店。ライザップとの違いは何か

Natalia Lisovskaya/Shutterstock.com

「いきなり!ステーキ」運営のペッパーフードは2020年3月13日、新型コロナウイルスの影響で当初の業績見通しを非開示とした。当初は、今期に関しては減収となる計画であったのが、今回の新型コロナウイルスによるいわゆる「コロナショック」によってさらに見通しが立ちにくい状況となったことになる。今回はペッパーフードの業績悪化の原因を探るほか、財務的危機とその打開策についてライザップとの比較を紹介する。

「いきなり!ステーキ」"74店"閉店へ

続きを読む

ペッパーフードは2020年2月14日、2019年12月期決算と2020年12月期の業績計画を発表した。前期の連結売上高が675億円(前の期比6.3%増)、営業損益が7100万円の赤字(前の期は39億円の黒字)、純損益が27億円の赤字(同1億円の赤字)。

当初の今期の見通しは売上高614億円(前期比9.1%減)、営業利益6億円、純利益2300万円とした。前期は損益面の悪化が激しく、今期についても当初は減収計画となっており、見栄えは悪かった。しかし、その後新型コロナウイルスの影響で業績見通しを一旦非開示とした。

もっとも、株式市場の注目をより集めたのは、決算説明会資料で明かされた今期「いきなり!ステーキ」74店の閉店計画だろう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
石津大希

データ重視の金融系ライター


慶応義塾大学商学部卒業。地方銀行、大手リースといった金融機関勤務などを経て2019年に独立。アナリスト業務などを通じてファンダメンタルズ分析の経験を積む。執筆する記事は、株式投資の分野を中心に、読者の方が企業財務や金融に対する知的好奇心を満たしたり、客観的データや事実に基づく投資を身に付けられる内容を積極的に発信します。