年収1000万円超のサラリーマンになるだけでは裕福になれない!? お金持ちから学ぶお金の使い方

仕事を頑張って収入を増やすことで、裕福になることを目指しているサラリーマンの方は多いと思います。しかし、ただ収入を増やすだけでは本当の意味での「お金持ち」になることは難しいのかもしれません。

お金持ちとそうでない人の違いは、お金の使い方にも表れてくるからです。そこで今回は、お金持ちのお金の使い方について紹介していきたいと思います。

年収1,000万円超えは20人に1人?

「どれくらいの収入があればお金持ちだと思いますか?」という質問に、「年収1,000万円以上」と答える方も多いのではないでしょうか。

続きを読む

国税庁が毎年行っている「民間給与実態統計調査」の平成30年度のデータによると、給与所得者のうち年収が1,000万円を超えているのは全体の5%であり、20人に1人しか年収1,000万円に達していないことが分かります。

この5%の内訳としては「1,000万円超1,500万円以下」が3.6%、「1,500万円超2,000万円以下」が0.8%、「2,000万円超」が0.6%と続いています。「お金持ち」の定義は人それぞれですが、全体の上位5%である年収1,000万円超に入ること自体がなかなか難しそうだということがわかりますね。

しかし、その給与水準に達してもなお、お金の使い方次第では「自分は裕福だ」という実感がわきにくいということもあります。それでは、真のお金持ちの人たちがどのようなマインドでお金を使っているのか、具体的に見ていきましょう。

「消費」ではなく「投資」という感覚を持とう

お金持ちの人たちは、お金を使うことに対して「消費」ではなく「投資」という感覚を持っています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

お金に関する様々なお役立ち情報を、分かりやすくお伝えします。
趣味は日本各地のクラフトビールの飲み比べ。