公務員と会社員の初任給はどれくらい?

地方公務員の初任給は?

次に地方公務員です。総務省の「平成30年 地方公務員給与の実態」から初任給をみていきます。

一般行政職(都道府県)

大学卒:18万4574円
短大卒:16万4190円
高校卒:15万627円

一般行政職(指定都市)

大学卒:18万643円
短大卒:16万533円
高校卒:14万7807円

一般行政職(市)

大学卒:18万1597円
短大卒:16万2159円
高校卒:14万9558円

一般行政職(町)

大学卒:17万9295円
短大卒:16万257円
高校卒:14万8021円
※諸手当は含まれていません。

やはり国家公務員がもっとも高くなっています。学歴差も大きいですね。会社員(大学卒)の初任給は男性21万2800円、女性20万6900円でした。諸手当を考慮すると、国家公務員は1~2万円ほど高くなる可能性があります。そのため、会社員と国家公務員の初任給の差はほとんどないかもしれません。

しかし会社員の場合は産業差も大きいため、例えば「運輸業,郵便業」や「宿泊業,飲食サービス業」と比較すると、国家公務員の方が初任給が高い可能性があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。