テレワークでも「社畜感」が薄れない理由とは?働き方のポイント

働きすぎると何が起こるか見てみよう

社畜として、嫌々長時間労働をしている人もいます。はじめに、働きすぎると何が起こるか見てみましょう。

1. 体調不良になる恐れがある

社畜になると、無理して働くケースが増えます。サービス残業含めて、月の残業時間が200時間を超えてしまう人もいるようです。結果、働きすぎで心身ともに滅入ってしまい、体調不良を引き起こすかもしれません。

なかには、過労死で亡くなる人もいます。年齢を重ねると、若い頃と比べて体力も落ちています。そのため、体のことを考えながら働きましょう。

2. 何でも受け入れる癖が付く

社畜になった人の中には、「分かりました。」が口癖になって、断ることをしなくなります。結果、誰が見ても無理なことでも受け入れる癖が付きます。

この状況になると、自分の予定を後回しにすることが増えて、不自由な生活に感じるかも…。よって、自分の意見や意志は持った方がいいでしょう。

3.社畜の状態が当たり前だと思い込んでしまう

社畜の状態が当たり前に感じてしまう恐れもあります。他者から見ると異常なのに、社内の様子しか分からないため、この状況が当たり前だと思うケースです。何の疑いも持たずに働いてしまいます。

自分だけで済めばいいですが、周りの部下に社畜としての働き方を叩き込む人もいます。結果いつまで経っても、その企業内では社畜として働くことが当たり前になるのです。この状況に陥らないためには、他の働き方を知ることです。

いろいろな働き方を知っておけば、複数の判断基準ができるため、社内の働き方がどうなのか判断できます。結果、社畜として働かずに済むかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

経理・財務経験を活かして、経済や経営・ビジネス関連の記事などを執筆中。BtoB向けの記事や、ランディングページ用の記事を執筆することもあります。
執筆の傍ら、働き方や地域コミュニティにも関心を持っており「一般社団法人フリーランス協会」のチームメンバーとしても活動中です!
http://tsudakengo.com/jikosyokai/