テレワークでも「社畜感」が薄れない理由とは?働き方のポイント

テレワークで長時間労働が解消されない人の特徴

ここでは、テレワークに切り替わっても長時間労働が解消されるとは限らない理由を見てみましょう。

1.コミュニケーションの取り方に困ってしまう

職場で働く場合、上司が同じ場所にいれば、口頭で聞けます。しかし、テレワークの場合は字面orネット電話で聞かなければなりません。

つまり、職場で働く時とテレワークで働く時は、コミュニケーションの仕方が異なります。この変化に耐えられない人は、仕事をスムーズに進められず、労働時間が長くなってしまうのです。

2.精神的不安定になる

職場とは違って、テレワークの場合は周りに聞ける人がいません。そのため、人によっては不安な気持ちになって、サクサク仕事を進められなくなることがあります。他力本願で仕事をしていた人ほど、テレワークに切り替わって不安に感じるかもしれません。

3.ネット環境が悪い

オフィスのネット環境よりも通信速度が遅い場所で仕事をしている人も、長時間労働に陥る恐れがあります。画像やデータの処理などで、時間がかかってしまい、通常の半分程度しか業務ができない場合も…。

通信速度が速いコワーキングスペースなどが近くにあればいいですが、その一方、他に行く宛がない人は、この状況に陥ってしまうかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

経理・財務経験を活かして、経済や経営・ビジネス関連の記事などを執筆中。BtoB向けの記事や、ランディングページ用の記事を執筆することもあります。
執筆の傍ら、働き方や地域コミュニティにも関心を持っており「一般社団法人フリーランス協会」のチームメンバーとしても活動中です!
http://tsudakengo.com/jikosyokai/