「いじめ加害者」の放置。いじめっこだった私がママになって思うこと

文部科学省が「いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)」を2013年に施行しましたが、それ以降も痛ましい「いじめ」に関するニュースはあとを絶ちません。学校内の子供が起こすいじめだけではなく、教員同士のいじめが大きな社会問題となったのは記憶に新しいところです。

子供だけではなく、大人になっても起こりえる「いじめ問題」。昔いじめっこだったというママは、大人になった今どんなことを思うのでしょうか。現在の育児方針についても伺ってみました。

続きを読む

「いじめられっこ」だった「いじめっこ」ママ

「私のしてきたいじめ…気に食わない子を徹底的に無視するようなやり方でした。罪悪感ですか?当時はなかったですね」そう話すのは、5歳の子の母親であるSさん。Sさんの父親は転勤が多く、幼少時は引っ越しを繰り返していたといいます。

実はSさん自身もいじめられた経験があるそう。転入先の幼稚園で、『よそ者は仲間に入れない』と言われたり、絵本を投げつけられたりしていたものの、それを見ていた先生や、相談した母親は助けてくれなかったといいます。そのうち、いじめられる状態が「当たり前」となってしまったSさん。気に食わない人間はいじめられても仕方ない、という認識に至った経緯はここにあった、と振り返っていました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

都内在住、元IT企業OL。育児や節約、社会問題について、共感できる情報を発信していきます。