車を売るなら「3月」!2つの理由と、より高値で売るコツとは

理由2 自動車税の課税基準

2つ目の理由は直接的に買い取り価格には関係ありませんが、とても大切な項目です。
自動車を保有していると毎年のGW付近にやってくる年1回のイベント、「自動車税の支払い」があります。

この自動車税の課税タイミングに大きなポイントがあるのです。

自動車税の課税タイミングについて東京都主税局のHP(※)では「4月1日現在、三輪以上の小型自動車、普通自動車(特殊自動車を除く。)の所有者として自動車検査証(車検証)に記載されている方」に納税の義務があると記載されています。

つまり、3月31日までに車検証上の名義変更を行う必要がある、ということです。

車の名義変更は、軽自動車を除いて車を売却した日にすぐできるというわけではありませんから、31日よりも早め、可能であれば20日を目途に車の引き渡しまでを完了できれば、中古車買い取り店側で名義変更ができるはずですので、課税されることはありません

もし仮に4月に名義変更となってしまう場合は「月割りで自動車税を納税する義務」が生じる可能性もありますから、注意しましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。
自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。
現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身もFP資格を保有。
記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。
Twitter:宇野源一(げんげん)