車を売るなら「3月」!2つの理由と、より高値で売るコツとは

理由1 決算の時期

1つ目の理由は年度末、いわゆる決算の時期であるということです。

新・中古車問わず、3月末までに自動車を販売するとその年度の実績となるため、各社ともあらゆる手法を使って売り上げを伸ばしてきます。

「車が最も安く買える時期」として2月3月が挙げられているのはそのためです。

中古車買い取りの世界においては、販売と両立している業態がほとんどですので、3月頃までに在庫となる中古車を販売し、それ以上に在庫を仕入れる必要があります

もし仮に販売台数と買い取り台数に大幅な乖離が出てしまうと、ゴールデンウィーク(GW)や夏休みを見据えた販売戦略にも支障をきたしてしまうため、少なくとも販売数と同等以上の仕入れ(買い取り)をしなければならなくなるのです。

そのため「多少高額であっても車を買い取る」必要があるので、多額の広告費を投入したりして車を売りたいユーザーを喚起し、一台でも多く在庫を仕入れるべく努力をしています。
そのため、決算の時期においては中古車の買い取り額が高額になっていくのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。
自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。
現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身もFP資格を保有。
記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。
Twitter:宇野源一(げんげん)