車を売るなら「3月」!2つの理由と、より高値で売るコツとは

愛車を最も高額で売るためのテクニック

最後に、今乗っている愛車を3月末までに最も高値で売却するためのテクニックをご紹介します。この方法はただ車を売る方だけでなく、車を乗り換え(新車でも中古車でも)する方にも有益な方法となります。

中古車の買い取り価格はディーラーでも中古車買い取り店でも同額と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、それは大きな間違い。買い取り価格は「お店によって異なっている」のです。

そのため、1社でも多く中古車査定をしてもらって買い取り価格を比較した方がいいのですが、車の査定には最低でも1~2時間という割と長めの時間がかかります。

これを複数社行うと体力的にも時間的にも大変なので、インターネット上で「一括査定」と検索すると、1回の情報入力で複数の買い取り店に査定依頼をすることができます。

一括査定を依頼すると、即座に各社のコールセンターから「出張査定」などの電話が一斉に入ってきます。

この電話をさばくのに労力がいりますが、この方法が筆者の経験上買い取り査定額を高額にできる方法だと思います。

出張査定の場合、自分がお店へ出向かずに買い取り店のスタッフが指定の場所まで来てくれますから、移動の手間もかかりません。

さらに出張査定の時は、複数の買い取り業者に同じ日同じ時間に来てもらうのがポイント。
これによりその場でオークションのような状態になるため、高値での買い取り価格を引き出しやすくなります。

まとめ

自動車税が課税されるまでの約1カ月間が勝負となります。
車の買い替えや売却を検討しているなら、一度この方法を実践してみてください。

【参考】
(※)「自動車税」東京都主税局

宇野 源一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。
自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。
現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身もFP資格を保有。
記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。
Twitter:宇野源一(げんげん)