コンプレックスの原因は親からの影響?冗談のつもりでも一生忘れられない言葉

・「いつも成績上位者だった兄と比べられて育ちました。自分なりにいい点数をとっても親は私を全く褒めてくれませんでした。褒められるのはいつも兄で、どうにかして親の気を引くために兄より勝っているものを躍起になって探していたのを覚えています。おかげで、兄は何も悪くないのに大人になった今でも兄の存在が疎ましく好きになれません」

・「末っ子だった私は、家のムードメーカー。面白いことをすると家族が喜んでくれるので率先してふざける子供でした。大きくなったある日、進みたい進路について親に相談しました。しかし母には『お姉ちゃんならまだしも、あんたみたいなふざけた人間ができるわけないでしょ』と取り合ってもらえず。親からは無難で潰しが効くという進路を勧められました。当時は『母は私以上に私のことをわかっているはず』と思ってしまったため、親のいうとおりにしてしまいましたが、やる前から否定されたショックはいまだに胸の奥にあります」

親としては優劣をつけているつもりはなくても、対比する表現をしてしまうと「〇〇より自分は劣っているんだ」という考え方を根付かせる原因になりかねません。

いつまでも子ども扱い

また、年齢に関係なく子供がいつまでも親よりもしっかりとしていない前提でいる親というのも意外と多いといいます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。