コンプレックスの原因は親からの影響?冗談のつもりでも一生忘れられない言葉

・「私は母から『ブスなんだから勉強くらいちゃんとしなさい』といわれて育ちました。お友達と同じことをして、私だけが親に叱られたりした際に『でも〇ちゃんもやっていた』なんていうと『〇ちゃんはかわいいからいいの!』なんていわれるのは日常茶飯事。昔ドラマであった自分の顔がイグアナに見える女の子の話も、なんだか分かる気すらしていました。自分はブスだと思いながら生きることはいろんなことを消極的にさせると思います。当然、男性に告白なんて一度もしたことはありません」

・「うちの親は『うちの子は世界で一番かわいい』といって私と兄を育てました。私もその言葉を信じ、自分はかわいいんだと思って疑いませんでした。しかし、中学生になったある日。雑誌で女性の平均体重を見て『え?!私って太ってる?!』と気が付きました。急いで母に確認すると、笑顔で『わー気づいちゃったね。でもやっぱりかわいいと思うから大丈夫よ』なんて言われ。この年まで自分の容姿に疑問も持たずにこれたのは親のおかげだったんだろうなと思いました」

親の発言で対照的に育った二人。みなさんはどちらの人生を送りたいと思いますか。

対比されて育った影響

また、大人になってもすぐに「自分は人より幸せか」「あの人より私の方が上」などとマウントを取ってしまう人は、自分が幼い頃から親に比べられて育った影響がある可能性も。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。