「お財布に1万円札だけ」でOK!? 今すぐできる無駄遣いを防ぐためのカンタン節約法

みなさんは生活の中で、ついつい無駄なものを買ってしまって、出費がかさんでしまうという経験はありませんか?

電車などのちょっとした待ち時間に自動販売機で飲み物を買ってみたり、通りすがりのカフェにふらっと立ち寄ってみたりと、1つ1つは小さな出費であったのに、あとからそれらが積み重なり大きな出費になっていることに気がつきます。

そして、その度に「次は気を付けよう」と決心しますが、やはり出費は減らずにまた同じ結果になってしまう…なんてことは、おそらくほとんどの人が経験していることでしょう。

続きを読む

そこで今回は、こうした小さな無駄遣いを防ぐために心理学のテクニックを使った「今すぐできる超簡単な節約法」を解説します。

千円札をくずすかを試す実験

みなさんはお財布の中にお札しかないときに「できれば、くずしたくない」と感じたことはありませんか?

2012年に某有名TV番組で「自動販売機の飲み物を買うために、千円札をくずかどうか」という実験が行われました。

それは、サウナスーツを着て30分走ったのちに、休憩室で売られている150円のドリンクを、財布の中にある千円札(財布の中はあらかじめ千円札のみにしています)を使って購入するかどうか検証するというものです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

専門分野は金融政策分析、統計解析、富裕層向けの税制など。主に過去のデータを基にした投資戦略や業界動向の記事を執筆。
LIMOでは行動経済学をもとにした賢いお金との付き合い方を執筆中。