「幸せはお金で買えない」はウソだった!? お金の使い方で変わる幸福度

「お金はあればあるほど幸せ」という言葉がある一方で、「幸せはお金では買えない」とも言われています。

たしかに、世の中はお金がすべてではないのかもしれません。世の中にはおもしろい実験があり、“幸せになるためのお金の使い方”を解き明かしているものもあるのです。つまり、お金は“どれくらいあるのか”ではなく、“どう使うか”が幸せになれるかどうかのカギということになります。

本記事では、幸せになるためのお金の使い方についてご紹介していきましょう。

続きを読む

幸せになるためのお金の使い方「ハッピーマネーの原則」

みなさんは「ハッピーマネーの原則」という言葉をご存知でしょうか?

簡単に言うと“幸せになるためのお金の使い方”の5つのコツのことで、書籍『「幸せをお金で買う」5つの授業』にて経営学教授のマイケル・ノートン博士が挙げているものです。

一説として“お金持ち=幸せ”という概念があるものの、一方で“幸せはお金で買えない”という言葉を耳にしたことはありませんか? しかし、ノートン氏は講演にて「“幸せはお金で買えない”というのは嘘である」と述べています。

ノートン氏が挙げている「ハッピーマネーの原則」は、以下の5つです。

  1. 経験を買う
  2. ご褒美にする
  3. 時間を買う
  4. 先に支払って、あとで消費する
  5. 他人に投資や寄付をする

ノートン氏は、上記いずれかを満たせば、使う金額にかかわらず幸福度や満足度が上昇するとしました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。