「年収1000万円の人」が持っている3つのチカラとは

③ 挑戦するチカラ

どんなに努力しても、思うように成果を出せず苦労する時期は誰にだってあります。そこで「今はうまくいかない時期だ」と諦めてしまうのは、自ら道を閉ざしてしまうようなものです。難局に立っても「ならば次の手を考えよう」と発想を切り替え、新たな方法で挑戦できるチカラを持つ人は、長い目でみると、大きな目標を達成できるのではないでしょうか。

まとめにかえて

年収1000万円という目標を達成するには、まずポジティブな行動を起こすことが大切です。高収入を狙える企業に転職するというアクション以上に、コミュニケーションスキルを磨き人脈を作る、他の人が嫌がる業務に率先して取り組むなど、積極的な姿勢や行動力を持ちたいものですね。

そのような挑戦や心がけは、やがてスキルアップや人望の獲得へと繋がるはず。その前向きな姿勢が評価されれば、年収1000万円も決して夢ではありませんよ!

【参考】
平成30年分民間給与実態統計調査」国税庁

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。