我が子が発達障害、もらえるお金とは?~特児を申請した我が家の場合~

国から支給される手当にはさまざまな種類がありますが、発達障害を抱える子どもが受給対象となっている特別児童扶養手当という手当をご存じでしょうか?

月額3万4,770円(もしくは5万2,200円)という子ども手当をはるかに上回る金額は、子どものために仕事ができない家庭や何かと出費がかさむ場合にも大助かり!

注意欠陥・多動性障害(ADHD)と診断されている息子がいる我が家では、ひょんなことからこの手当の存在を知り、申請した結果、手当を受給できることになりました。

続きを読む

そこで今回は、特別児童扶養手当の概要や、我が家の長男が受給認定を頂くまでの流れについてご紹介したいと思います。

特別児童扶養手当とは?

特別児童扶養手当とは「特児(とくじ)」と呼ばれることもあり、「20歳未満の障害児の父母又は養育者」が受給できる手当です。(以下、特児として記載)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

紅茶とヨガとサーフィンと読書が好きな3児の母。子ども英会話教室運営や私立幼稚園の英会話教諭として働いていた経験から、幼児教育や日本の教育体制に強い関心を持つ。長男がADHDであり、発達支援や支援教育についても精通している。今後加速するテクノロジー教育をさらに広めるため、日々発信中!
Twitter:広瀬あゆみ