ブラック上司「昔はOK」「今はアウト」取りがちな態度とは!?

フィードバックをもらう

ハラスメントっぽい行動だと思った時に、相手からフィードバックしてもらう仕組みを作りましょう。昔の習慣から、無意識のうちにハラスメントと思われることもあります。自分だけでは気付けない箇所を見つけるためにも、相手からのフィードバックは大事です。

労務部に質問する

労務部に質問するのも良いでしょう。社内でハラスメントとして認定される内容を、まとめている企業もあります。社内でハラスメントの認定をされないためにも、確認することを、おすすめします。

セミナーへ行って学ぶ

セミナーでハラスメントについて学ぶのも方法です。一般社団法人や公益財団法人、コンサルティング会社など、あらゆる団体・企業が開催しています。半日程度で学べるセミナーもあるため、長期のセミナーが厳しい人も受講しやすいです。

まとめ

いまだに、ハラスメントの問題を抱えている企業はあります。今後もハラスメントに対する風当たりは強くなる可能性が高いです。自分が加害者にならないためにも、日頃からハラスメントについて学んでおくことを、おすすめします。

参照:厚生労働省「パワーハラスメントの定義について

津田 剣吾

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

経理・財務経験を活かして、経済や経営・ビジネス関連の記事などを執筆中。BtoB向けの記事や、ランディングページ用の記事を執筆することもあります。
執筆の傍ら、働き方や地域コミュニティにも関心を持っており「一般社団法人フリーランス協会」のチームメンバーとしても活動中です!
http://tsudakengo.com/jikosyokai/