女性の7人に1人が50歳まで独身!「おひとりさま老後」に備えるための資産運用術

結婚をしないまま老後を迎えた場合、一番気になるのはお金のことではないでしょうか。気づいたら老後を迎える年齢になっていた!なんてことにならないように、若いうちから老後資金を作っていくことが大切ですね。

今回の記事では、1人の独身女性を例にして、老後に向けた資産運用法を紹介します。

男性は4人に1人、女性は7人に1人が生涯一度も結婚していない

5年に1度行われる国勢調査。2020年の今年も、調査が行われます。2015年の調査結果によると、生涯未婚率(調査年に50歳の男女のうち結婚歴がない人の割合、現在は「50歳時未婚率」に名称変更)は男性23.4%、女性14.1%となったそうです。つまり、男性は約4人に1人、女性は約7人に1人が50歳まで一度も結婚していないということがわかりました。

続きを読む

今回登場するのは、現在40歳の独身女性Cさん。弟2人は結婚して家を出ており、父親が残した持ち家に母親と2人暮らし。今はフリーランスとして働いています。まだまだ元気ですが、母親にもしものことがあれば、自分は一人暮らし。「おひとりさま老後」に向けて、そろそろ準備を始めたいと考えているそうです。

老後のための資産運用で利用したいNISAやiDeco

「今興味があるのは、NISAとiDecoです。年金だけじゃ心もとないので、しっかり貯めておきたくて」と話すCさん。ではここで、NISAとiDecoの基礎を確認しておきましょう。

NISA(少額投資非課税制度)

2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。株や投資信託などの投資においては、購入した投資商品に対して発生した配当・譲渡益といった運用益を手にすることができます。通常はこの運用益に対して、20%の税金がかかります。でもNISAを利用すれば、年間120万円の購入額に対して発生した配当・譲渡益等については、最長5年間、税金を支払わなくてもよくなるのです。

つみたてNISA

2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。非課税となるのは年間40万円までで、一定の投資信託の購入に対してのみ、そして非課税期間が最長20年間という点でNISAとは異なります。なお、NISAとつみたてNISAは、どちらか一方しか選択することができません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。