なぜ「持ち家がある男」は婚活に不利なのか

「マイホームを買えば嫁が来る」のは昭和の話

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

最近、入籍された30代前半のTさんに、婚活中に会った変わった男性の話を聞きました。婚活パーティーで知り合ったアラフォー男性Sさんで、外資系勤務だそうです。その婚活パーティーは参加のためにプロフィールを入力する必要があり、相手のプロフィールも分かるのです。

相手の男性は年収1500万円以上でした。なぜSさんは、ハイスペックなのに結婚できないのでしょうか。

「家は財産」で思考停止の男たち

続きを読む

Tさんは初め、「なぜこんなハイスペックな男性が独身なんだろう…」と不思議だったそうです。パーティーでは周りに気を配り好印象だったので、連絡先を交換。高級店に食事に誘われたとき、Tさんは「ラッキー」と思ったそうです。

Sさんはハイスペックなのに2年以上婚活をしていて、結婚相談所入会も検討していたそう。要するに気配りができているわけじゃなく、婚活パーティー慣れしているだけなのです。それをパーティーで会った女性に話すのもどうかと思うのですが。

Sさんは高収入ではあるものの、ダイビングや車などお金がかかりそうな趣味がたくさんありました。何年か前に新築マンションを購入しており、そのローン返済もあるので共稼ぎ希望の年下女性が理想なのだそうです。

Tさんはその後、何度誘われてもSさんに会うことはありませんでした。おそらく、Sさんは次の女性にアタックしているのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
田中 菊乃
  • 田中 菊乃
  • 恋愛・婚活コンサルタント/コラムニスト

29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活を綴ったブログが「分かりやすい」と人気になり独立。ご相談にくる方の約4割は一度も交際経験がない女性。初めて彼氏ができただけではなく派遣からキャリアアップして正社員になったという方も多い。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。ご興味ある方は、ブログをご覧ください。