貯金はダイエットの要領で。実は「目標は低く」が上手くいくポイント!?

これを防ぐためには、適度な余裕を作るのがおすすめです。ダイエットを成功させる方法として、「チートデイ」というものがあるのはご存じでしょうか。これは、食事制限を続ける中で、週1回、月1回など「何を食べてもいい日」を設けるというものです。

チートデイを設けることで食事制限のストレスが軽減できるため、「我慢の限界が来てドカ食いしてしまった…」といった事態を防ぎやすくなります。

貯金を増やしたいときにも、ただ節約をして出費を切り詰めるだけではなく、「月1回、3000円までは好きなように使っていい」といったような、お金と気持ちの面で余裕を持たせるようにすれば、急激なリバウンドを防ぐことができるでしょう。

おわりに

今回は貯金を成功させるためは、ダイエットと同じように「悪い習慣」の見直しが大切だということを確認してきました。

一般的に習慣を変えることは難しいと言われていますが、方法はシンプルに、そして急激な変化を避けるようにすれば、無理なく良い習慣を身に付けられますよ。2020年は貯まらない習慣を断ち切って、「貯まる体質」に改善する年にしていきましょう。

【参考】「生体の恒常性維持機構」(健康医学)

吉田 貴絵

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

約10年間セラピストとして活動後、IT企業にてチームリーダーや総務、人事等を経験して独立。現在はライター/コラムニストとして、お金に関する記事を中心に、求人関連、医療関連等、多ジャンルの記事を執筆している。難しいお金の話をわかりやすく伝えることを心がけつつ、「くらしとお金の経済メディア LIMO」など複数のメディアに寄稿中。