貯金はダイエットの要領で。実は「目標は低く」が上手くいくポイント!?

まずは、自分の貯まらない習慣は何なのかを考えてみましょう。すると、人によっては以下のような問題点が見えてくるのではないでしょうか。

・毎日コンビニに寄ってこまごまとしたモノを購入してしまう
・毎月お金があるだけ使ってしまう

次に自分の貯まらない習慣が明らかになったら、その習慣を「毎日コンビニに寄るのをやめる」「給料を使う前に1万円貯金する」など、お金の貯まる習慣に変換していくのです。

貯金や節約をするというと難しく考えてしまいがちですが、まずはダイエットを始めるときと同じ要領でシンプルに現状を捉え直してみましょう。

目標は低く! 継続することが大事

貯金もダイエットも、成功のカギは「悪い習慣をやめて良い習慣に変えること」なのですが、もうひとつ重要なことがあります。それは、「長く継続すること」です。

どれほど素晴らしい方法でも、短期間でやめてしまっては期待したような成果は得にくいですよね。

ですが、「その続けるのが難しいんだよ…」という人もいるのではないでしょうか。それもそのはず、人間には「恒常性(ホメオスタシス)」という機能が備わっているからです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

約10年間セラピストとして活動後、IT企業にてチームリーダーや総務、人事等を経験して独立。現在はライター/コラムニストとして、お金に関する記事を中心に、求人関連、医療関連等、多ジャンルの記事を執筆している。難しいお金の話をわかりやすく伝えることを心がけつつ、「くらしとお金の経済メディア LIMO」など複数のメディアに寄稿中。