引っ越しに慣れていても…「転妻」の引っ越し後悔エピソード

3月、4月は引っ越しのピーク時期。夫の転勤に伴い引っ越しをする転勤妻「転妻」のみなさんも多いですよね。新居探しや引っ越し業者の選定、荷物の梱包など短い時間にやることが多い引っ越し作業。引っ越し慣れした転勤妻でさえも失敗することだってあります。

そこで今回は、転勤妻が経験した引っ越しの後悔エピソードをまとめてみました。

新居探しで後悔

「異動が決まってから引っ越しまで2週間ほどしか時間がなく、新居は不動産屋さんのおすすめ物件をWEB内覧だけで決定。実際に引っ越してみると、画像で見るよりも部屋が狭く家具を配置するのに苦労しました」

続きを読む

「夫の会社の社宅手当は全国どこに行っても料金が一律。地方都市から東京に異動になった時は、同じ家賃なのに部屋の広さが今までの約半分に!いままで使っていた大型の家具を泣く泣く処分する羽目になりました」

「内覧して決めた新居。駅近で新築、広さも十分と物件には大満足だったのですが、いざ暮らしてみると、コンビニやスーパーが遠く意外と不便。物件を選ぶ時には、周辺環境まできちんと調べないと駄目ですね」

転勤に伴う引っ越しでは、辞令が出てから引っ越すまでの期間が短いことも多いもの。新居を自分の目で確かめることができないこともあり、住んでから「こんなはずじゃなかった」ということも多いようです。また、実際に内覧できたとしても周辺環境までチェックするのは不可能。

心配な人は、内覧の際に不動産屋に聞いたり事前に地図で周辺環境を調べたりするのがおすすめです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

働きたい女性が集まりチームを組んで、ライティングのお仕事を行っています。

ライティング経験豊富なチーム【フェミエール】より、女性ならではの生活の知恵を発信していきます!