箱根駅伝の全国化、視聴率30%の超ドル箱番組をめぐる思惑とは?

dekitateyo / Shutterstock.com

正月の箱根駅伝は視聴率No.1のスポーツ番組

もうすぐ今年も終わりです。年末年始は家でゆっくりテレビを観て過ごす人も多いでしょう。そのような人向けに、スポーツ番組は人気コンテンツの1つです。

年末年始に放映されるスポーツ番組の中で、最も視聴率が高いのが「東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝)」です。毎年1月2日と3日に日本テレビ(系列局含む)で放映されますが、概ね28~29%の視聴率を上げています。

続きを読む

しかも、この高い視聴率を30年近くの長きに渡って続けていることに驚かされます。さらに、今年(2019年)は久しぶりに30%を超えました(1月2日:30.7%、1月3日:32.1%)。

テレビ離れが顕著な現在、箱根駅伝は間違いなく“超”が付くドル箱コンテンツと言えましょう。

ちなみに、ここ数年のスポーツ番組で、箱根駅伝を上回る視聴率を上げたのは、2018年サッカーW杯の日本代表戦(コロンビア戦:48.7%、ポーランド戦44.1%等)、2018年冬季五輪ピョンチャン大会の男子フィギュアスケート(33.9%)、まだ記憶に新しい2019年ラグビーW杯の日本代表戦(南アフリカ戦:41.6%等)くらいしかありません。

しかも、これらは全て4年に1度開催される大会であり、ある種の“瞬間風速”に過ぎません。こうしたことからも、箱根駅伝は視聴率No.1のスポーツ番組と言っても過言ではないのです。

それにしても、なぜ箱根駅伝の人気はこうも高いのでしょうか?

地方大会の1つである箱根駅伝は、事実上は真の大学王者決定戦

箱根駅伝は、「全日本大学駅伝」「出雲駅伝」とともに学生三大駅伝大会の1つです。しかし、箱根駅伝の出場校は関東陸上連盟の大学に限定されているため、ハッキリ言うと、地方大会の1つに過ぎません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。