注目される「家族信託」ってどんなもの?親の認知症・詐欺対策をしたい人に選ばれる理由

帰省して久しぶりに親の姿を見たときに、「ずいぶん歳を取ったな」と感じた経験のある人も多いのではないでしょうか。親が高齢になるとケガや病気の心配だけでなく、「お金のトラブルに巻き込まれるのではないか」という不安も出てきますよね。

高齢者が巻き込まれるお金のトラブル

70歳の父を持つTさんも親の金銭トラブルを経験しました。父親は一人暮らしをしていて、賃貸アパートを経営しています。近所に住むTさんは頻繁に父親のもとを訪ねていましたが、「まだまだ元気だと思っていた」といいます。

続きを読む

ところが、あるとき父親から「詐欺にあって大金を失ってしまった」と告白されたのです。「お金の管理について、もっとしっかり話し合っておけばよかった」とTさんは後悔しきりです。

高齢者をねらう詐欺の手口は年々巧妙化しており、凶悪なアポ電強盗の被害にあう人も増えています。認知症を発症している場合は、子どもの想像をはるかに超えた大きな被害にあってしまうこともあります。

「親が認知症になったら実家を売って施設に入ってもらおう」と考えている人もいるかもしれませんが、親名義の家を子どもが勝手に売ることはできませんし、認知症になると名義も変えられません。また、認知症が発覚すると銀行口座が凍結されることがあり、子どもでも親のお金を引き出せなくなってしまいます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。