アクティブファンドは消滅する!? 名物ファンドマネージャーが出なくなった理由

米国でアクティブファンド※が消滅するのではないかという、ショッキングな話題が持ち上がっています。

それがいったい日本に何の関係があるの?ということなのですが、大いにありです。もっとも、運用会社や金融機関にとっては悪いニュースで、一般消費者にとっては良いニュースです。

※アクティブファンドとはファンドマネジャーが市場平均値よりも高い運用成果を目指すファンド/投資信託のこと。米国で投資信託はミューチュアルファンドと称されます。

続きを読む

なぜ「アクティブファンド消滅」が取り沙汰されるのか

アクティブファンドが消滅の危機にある理由のひとつにETF(上場投資信託)の台頭があります。ETFは主としてニューヨークダウやS&P500、日経平均株価などの指数に連動する運用成果を目指すファンドです。

指数の運用成果に連動させることを目的としますから、指数計算のために対象としている個別銘柄を機械的に売買していけばいいわけです。そこにはファンドマネジャー固有の能力は不要ですし、いまではコンピューター同士で売買取引を完結してくれます。

下手に人間が絡むと計算間違いや受け渡し過誤が発生することもあるので、運用パフォーマンスが劣化する可能性があるくらいです。決まったルーティンで取引をするようなものは機械に任せたほうがいいというわけです。

それに対し、アクティブファンドは人間が銘柄選択や投資戦略を考えますから、どうしても属人的になります。そのため、ファンド運用で一日の長がある米国ではスター・ファンドマネジャーが出現します。

古くは1980年代のフィデリティのピーター・リンチ氏、ヘッジファンドのジョージ・ソロス氏、来年90歳になる現役のウォーレン・バフェット氏等、個人の力量で高い運用成果を出し続けたファンドマネジャーがいることも事実です。

しかし、今現在彼らのように後光がさすほどのビッグネームが登場してきているでしょうか。正直、ほとんど聞きませんね。そうした個人名で勝負するファンドマネジャーが出て来ないのにはいろいろな理由があると思います。たとえば以下のようなものです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会
  • 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。
主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。