「キャッシュレス派」VS.「現金派」お金が貯まりやすいのは?

キャッシュレス決済を利用する人が増えてきています。一方では、まだまだ現金を使う人もいますよね。そのため「キャッシュレス派」VS「現金派」でちょっとした論争が起きていますが、実際のところお金が貯まりやすいのはキャッスレス派のようです。

LINEとヤフーが統合!QRコード決済サービスはどうなる?

2019年の流行語大賞にもノミネートされた「○○ペイ」とは、簡単に言えば、スマートフォン(スマホ)のアプリを使って決済する方法です。やり方は2つあります。お店のレジ横などにあるQRコードをアプリのカメラで読み取るQRコード決済。そしてアプリ内のバーコードをお店がバーコードリーダーで読み込むバーコード決済です。

続きを読む

現在、キャッシュレス決済には、「LINE Pay」、「PayPay」、「d払い」、「au PAY」、「メルペイ」、「楽天ペイ」、「Fami Pay」などがあり、すべてを把握するのは困難なほど。そのなかでも「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」や「100億円あげちゃうキャンペーン」など派手なキャンペーンで顧客を獲得してきたLINE PayとPayPayの運営元、LINEとヤフーの経営統合が発表されました。

㈱インフキュリオン・グループの「キャッシュレス決済利用状況」によると、QRコード決済の利用率は「PayPay」が63.8% 「LINE Pay」が29.6%で、 QRコード決済サービスのなかでも最も使われている2社とわかります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。