「キャッシュレス派」VS.「現金派」お金が貯まりやすいのは?

運営会社が統合される2020年10月以降、「LINE Pay」と「PayPay」がひとつになるかはまだわかっていません。そもそも、両者は付帯するサービス内容に大きな違があります。

・PayPayは決済機能がメインで、ヤフーカード以外でも支払いができ、ポイントを貯めることができる。でも、LINE Payは他社のカードを使えない(LINE Payは他社のカードも登録できますが、LINEストアやLINEほけん、LINEモバイル等のオンライン決済のときにだけ使用可能です。チャージをすることはできません)。

・LINEのメインはコミュニケーションツール。このほかにショッピングや保険・証券を購入できる金融サービスがあるが、PayPayは決済サービスのみ。

このような違いがあるため、LINE PayとPayPayは少なくとも2020年秋まではうまく補完しあうようにリソースを振り分け、勢力拡大を目指していくと思われます。

クレジットカードや電子マネーと何が違うの?

QRコード決済はいわゆるクレジットカードやデビッドカード、電子マネーと同じキャッシュレス決済のひとつです。他のサービスに比べると、シェアは低いですが、急激にユーザー数を増やしています。先のインフキュリオン・グループの調査でも、2019年3月と2019年10月のQRコード決済アプリの利用率を比較すると3倍以上になっていることが分かります。では、他のキャッシュレスサービスとはどう違うのでしょうか?

QRコード決済の支払い方法は各社に違いがあり、アプリにあらかじめチャージするタイプやクレジットカードに紐づけされているものが主流です。ほかのキャッシュレスサービスとは防犯の面で違います。QRコード決済はカードをいったん相手に渡すこととがないため、情報を盗まれることや不正に利用されることが少ないのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。