「無理せず働きたい」令和現役世代。「退職代行サービスを利用してでも辞めたい」その背景とは

「転職」は「スキルアップ」「年収アップ」を目的にする方が良いでしょうが、なかには「ブラック企業から脱出したい」との考えから転職を選択する人もいます。

今回は、「逃げの転職」や「退職代行サービス利用の転職」エピソードと、令和の現役世代の「キャリア意識」について考えていきます。

転職で年収アップができる年代

今の給料に満足していない、より高い年収を目指したい…そう感じたら、転職をするのも1つの方法です。とくに30代は、転職による年収アップに期待できるタイミング。ここで、転職情報サイト「doda(デューダ)」の公表データを見てみましょう。

続きを読む

この調査結果(※1)によると、転職での報酬アップ率が最も高い年代は「20代後半~30代前半」となっており、専門商社や人材サービス、金融関連では平均15%も上昇しています。なお、ここでの「年収アップ成功者」は職前の年収が300万円以上かつ年収アップ額上位6,000人を指しています。業界ごとの平均年収や会社の業績をチェックしながら、年収アップを狙った転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

職場が辛い…そんなときにも「転職」という選択肢を

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。