ブーム終焉「いきなり!ステーキ」運営会社が通期赤字転落予想。成長モデルは8月には崩れていた!

11月14日、「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスが、通期決算の下方修正を発表しました。

「いきなり!ステーキ」でステーキブームを起こした同社も、遂に成長がストップ。さらに店舗閉鎖等で赤字を計上し、自己資本比率が5%を下回る厳しい状況となりました。しかし、こうした状況は月次の開示資料を継続的に追いかけることで、事前に察知できた可能性があります。

ペッパーフードサービス、通期で▲25億円の最終赤字へ

続きを読む

「いきなり!ステーキ」運営会社のペッパーフードサービス(3053)は、11月14日に第3四半期の最終赤字(四半期純利益▲19億円)に加え、2019年12月期決算の下方修正を発表。通期予想を売上高665億円、営業利益▲7億円、当期純利益▲25億円としています。

急成長を果たした「いきなり!ステーキ」ですが、既に成長はピークアウトしており、既存店売上高は昨年度から対前年同月比マイナス成長が継続中です。

一方では新規出店が続いており、既存店と新規出店を含めた全店売上は対前年同月比でのプラス成長を続けていました。簡単にいえば新規出店の成長で既存店のマイナスをカバーする状態です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て独立。株式市場や為替市場分析を得意とするが、為替市場の相対的な値動きに魅了され、現在は主にFXトレードを手掛けている。投資会社での勤務時に培った分析力とレポーティング力を活かし、ライター業にも携わり複数媒体にも寄稿中。金融や企業分析を始めビジネス系のライティングを得意とするが、登山や食べ歩きが趣味でグルメ記事等の柔らか系の記事も執筆している。