老後資金は3462万円あれば安心?独身で老後を迎える人向け、3つの貯蓄の心得とは

老後に向けた備えはできていますか?とくに独身の方は、自分1人の力だけで老後資金を用意しておかなければなりません。急な入院などのトラブルが起こる可能性も視野に入れ、余裕をもった金額を用意しておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は、老後のお金に対して改めて向き合っていきます。これから貯蓄に取り組む方は、そのコツも学んでおきましょう。

老後資金として2000万円貯められる自信のある人は…33%?

GMOあおぞらネット銀行㈱が調査した『ビジネスパーソンの老後資金に関する調査2019』(対象:全国の20~49歳のビジネスパーソン(パート・アルバイトを除く)、有効回答数:1000人(各年代ほぼ均等になるよう抽出)、方法:インターネットリサーチ、期間:2019年7月26日~29日)によると、現在の預貯金金額の平均値は695万円となっています。

続きを読む

もっとも多い回答が「100万円未満」(27.7%)となっており、「0円」(8.8%)と合わせると貯蓄が100万円に満たない人は36.5%となるようです。

また2019年6月に話題となった金融庁の報告書の「老後資金に年金プラス2000万円必要」という提言について、「老後の生活資金として2000万円を貯められると思う」と回答した人は33.4%、「思わない」が66.6%という結果に。老後資金を貯める自信がある人は少数といえそうです。

そして「老後の生活資金として、最低いくらあれば安心できると思うか」と聞いたところ、「1000~2000万円未満」(22.4%)がもっとも多くなりました。平均額は3462万円となっています。

「貯蓄できる自信はないけれど、不安は大きい」人が多いのかもしれません。

独身の方が、老後の備えに不安感?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。